Susan Layton

Film Producer - ASL Performer - Life Learner

A Surprise from Japan!

ページ下部の日本語訳。

It’s last Sunday.  My family is at church on time! (Woohoo!)  I’m wearing no make-up because my makeup bag was in the car that just got totaled. That’s ok, I had a cute skirt on. Ha. As usual, we sit in the back row – my kids like to fight about who sits by Mom, smile (sigh – haha).  It’s almost time to start the meeting, so I begin my usual “Shhh, sit down and be reverent” spiel to each of my kids.

Then, I get this *tap tap tap* on my shoulder.  It’s my friend, Jarin.  He says, “There is someone here that is a big fan of yours and wants to meet you.”  I was thinking, “uhhh, ME?!”  I follow him and standing a row behind me is this sweet Japanese family.  The mother, Mami, was looking around the chapel and then saw me coming towards her.  I don’t know how to describe her pure and utter excitement. She was so giddy and absolutely so sweet! “I can’t believe it!  It’s you!  We LOVE yoooou! WOW! It’s you … You’re right there, in front of me!”  I was like, “ME!? …  WOW! Yaaay!!!”  It was pretty exciting for me! I couldn’t help but to smile! She said, “We love you!  The Deaf people in Japan LOVE you!  And you’re standing in front of me!!!”  Mami was with her two daughters and son, who are Deaf or Hard of Hearing.  The girls were sweet and giggly too and her son stood close by with the biggest smile on his face.  This was the funnest meet and greet I have ever had!  Ha. What a joy it was for me to meet this sweet family!

IMG_7869 (1)

After church, we met up again.

Mami’s children use Japanese Sign Language as their primary language. They are also learning American Sign Language.  The daughters, Lisa and Rumi, attend one of five Deaf schools in Tokyo.  Their older brother, Kei, came to the United States so he could attend a university here.  (For a Deaf person living in Japan, it can be quite costly to attend a university because they are responsible to pay for an interpreter for all their schooling.  In the United States, the Americans with Disabilities Act (ADA) mandates that the costs of interpreters are paid for by the university.) Kei’s family came for his graduation from Brigham Young University. So awesome Kei.

Mami and her family were so neat to visit with.  They were all smiles, hugs and laughter!  They really made my day!

I was really curious on how they knew who I was – especially knowing that they are from Japan!  Mami told me that the Deaf community in Japan love my ASL musical performances!  (Are you kidding me!??  How awesome is that???!!)   I felt so touched that what I do is loved and appreciated by others AROUND the world!

So funny, after we took pictures together, Mami was jumping up and down with excitement!  She exclaimed, “Oh! The Deaf in Japan will be so jealous when they see I got to meet you!!! I can’t wait to show them!”  I laughed.  (I’m thinking a trip to Japan is now on my list of MUST-GO-TO places!)  😀

What an HONOR for me to visit with Mami and her sweet family!

As they were leaving, the girls asked if they could sign me a song in Japanese Sign Language!  OH BOY! This was a treat!!!  …. And I tell you what, it was SO BEAUTIFUL!  …. With their permission, I recorded it for you to see. You’re going to LOVE it!

“I’m Trying to Be Like Jesus” in Japanese Sign Language

YT Pix JSL

私は私の日本語訳が良好であると思います。スマイル。抱擁。

それは最後の日曜日です。私の家族は時間通りに教会であります!私の化粧ポーチはちょうど合計しまった車の中であったため(Woohoo!)私はメイクアップを着用していませんよ。それは私が上にかわいいスカートを持っていた、大丈夫です。ハ。いつものように、我々は後列に座って – 私の子供はお母さん、笑顔( – 笑ため息)で座る人について戦うのが好きです。これは、会議を開始するためにほとんどの時間ですので、私はいつも私の子供のそれぞれに熱弁「Shhhは、敬虔なを座ってすること」を開始します。

そして、私は私の肩に、このタップを取得します。それは私の友人、Jarinです。彼は、「あなたの大ファンであり、あなたを満たすために望んでここに誰かがあります。 “と言います私は、考えていた」、うーん、私を!」私は彼に従うと、私の後ろに行を立って、この甘い日本の家族です。母、真美は、礼拝堂の周りを見て、その後私は彼女に向かって来るのを見ました。私は彼女の純粋で、全くの興奮を記述する方法がわかりません。彼女はとてもめまいと絶対にそのように甘かったです! “私はそれを信じることができない!それはあなたです!私たちはyoooouが大好き!WOW!それはあなたが…あなたが私の目の前で、右がしています!”私は、 “WOW!?…私!Yaaay !!!”、のようでしたそれは私のためにかなりエキサイティングでした!私は笑顔ではなく助けることができませんでした!彼女は、「私たちはあなたを愛しています!日本のろう者はあなたを愛しています!そして、あなたは私の前に立っている!!!」と述べました真美は聴覚障害者や難聴の2人の娘と息子、とありました。女の子がクスクス笑う甘すぎたと彼女の息子は、彼の顔に笑みを浮かべての最大の近くに立っていました。これは遊べる大会だったと私が今まで持っていた挨拶します!ハ。私は、この甘い家族を満たすためにのためにそれが何だったか喜び!

IMG_7869 (1)

教会の後、我々は再び会いました。

真美さんの子供たちは彼らの主要な言語として手話を使用しています。彼らはまた、アメリカ手話を学んでいます。娘、リサとルミは、東京の5つのろう学校の一つに出席します。彼はここの大学に通うことができるように彼らの兄、圭は、米国に来ました。 (彼らはすべての学校教育のための通訳の支払いに責任があるので、日本に住んでろうの人のためには、大学に出席するため、非常に高価なことができます。米国では、アメリカ人はコスト障害者法(ADA)のマンデートで通訳は、大学によって支払われている。)圭の家族はブリガム·ヤング大学卒業のために来ました。とても素晴らしい圭。

真美と彼女の家族はに訪問するようにきちんとしました。彼らはすべての笑顔、抱擁と笑いました!彼らは本当に私の一日行わ!

特に彼らは日本からのものであることを知っている – 私は、彼らは私が誰を知っていた方法に本当に興味がありました!真美は日本のろう者コミュニティが私のASL演奏を愛していることを私に言いました! (あなたは私をからかっています!?? !!さ???ことをどのように素晴らしい)私は何を私が行うことは、世界中の他の人に愛さと評価されていることに触れ感じました!

私たちは一緒に写真を撮った後にとても面白い、真美はジャンプアップと興奮でダウンしていました!彼女は “ああ!日本の聴覚障害者は、彼らが私はあなたを満たすために持って見ると嫉妬になります!私はそれらを表示するために待つことができない!」、叫びました私は笑いました。 (私は日本への旅行を考えていると、私は行かなければならない場所の私のリストになりました!):D

真美と彼女の甘い家族と私のためにどのような名誉を訪問します!

彼らが残していたように、彼らは私に日本手話で歌に署名することができれば、女の子は尋ねました!ああ!これは御馳走でした! ….そして、私はそれがとても美しい何であったか、あなたを教えて!あなたが見るの….彼らの許可を得て、私はそれを記録しました。あなたはそれを愛するつもりです!

日本手話を使用して、 “私はイエス·キリストのようになるしようとしています」。

YT Pix JSL

1 Comment

  1. Thank you so much !We are ever so happy to see you.
    You have a beautiful heart and wonderful family. We hope you will keep on performing for us. We love you!

Comments are closed.

© 2019 Susan Layton

Theme by Anders NorenUp ↑